ハーバルラビットとホスピピュアの違いとは!?徹底比較!

海外では当たり前だったデリケートゾーンのケア用品。

 

最近になって、日本でもいろんなメーカーから発売されるようになってきましたよね。

 

なかなか人に相談できる内容ではないので、どのメーカーが良いのかなどは、ネットを通じて情報を得ている方も多いと思います。

 

そんな中でも、今特に話題になっているのはハーバルラビット、そしてホスピピュアです。

 

ハーバルラビットと、ホスピピュアのそれぞれの効果を見ていきたいと思います。

 

そして、ハーバルラビットとホスピピュアの違いを比較してみていきましょう。

 

<ハーバルラビットとホスピピュアの効果の比較>
ますは、ハーバルラビットとホスピュアの効果の比較をしていきます。

 

ポイント1:ハーバルラビット
ハーバルラビットは、デリケートゾーンの黒ずみケアクリームです。

 

黒ずみケア商品に関するアンケート調査で、「使ってみたい商品第1位」「商品力第1位」「パッケージデザイン第1位」「コストパフォーマンス第1位」を獲得しています。

 

実力、名声共に期待の高まる商品であることは、間違いありません。

 

摩擦やムレ、自己処理によるダメージ肌の黒ずみを解消してくれる効果があり、1日2回、朝と晩に塗るだけで、美白ケアそして、色素沈着に効果を発揮します。

 

デリケートゾーン以外にも、脇や乳首などにも使うことができます。

 

ポイント2:ホスピピュア
ホスピピュアは、湘南美容外科と共同開発した、乳首の美白専用のクリームです。

 

口コミサイトの「くすみケア部門第1位」「2016年モンドセレクション金賞受賞」「医療関係者が使って最もよかったと感じたシミ・くすみケア商品部門第1位」を受賞していて、さすが美容外科と開発した商品だなと思わせてくれます。

 

ホスピピュアは、メラニン色素による乳首のくすみに効果を発揮します。

 

くすみケアと、保湿ケアの両面から乳首を守り、朝晩のお風呂上りに使うのが効果的で、乳首やくすみの気になる部分にマッサージをするように塗りこんでいきます。

 

また、乳首だけではなく、全身にも使えるので1本あるととても便利です。

 

<ハーバルラビットとホスピピュアの成分の比較>
次は、ハーバルラビットとホスピピュアの成分の比較をしていきましょう。

 

ポイント1:ハーバルラビット
ハーバルラビットは、メラニン色素沈着抑制作用のある有効成分の、水溶性プラセンタエキスが働き、メラニンの生成を抑制してくれます。

 

この水溶性プラセンタエキスで、黒ずみを抑え、それに加え、プラセンタ、ビタミンC誘導体、米ぬかエキス、グリチルリチン酸2Kといった4種類の美白成分が配合されています。

 

グリチルリチン酸2Kは、美白効果にプラスして、強力な消炎効果を持っているため、ニキビや肌トラブルにも作用します。

 

また、乾燥も黒ずみの原因とされているのですが、トリプルヒアルロン酸、トレハロース、セラミド、コラーゲンといった潤い成分も配合され、しっかりと肌の潤いを守ってくれます。

 

>>ハーバルラビットの公式サイトはこちら

 

ポイント2:ホスピピュア
ホスピピュアは、メラニンを予防することと、トラネキサム酸によりくすみの原因の根本を改善することに成功しています。

 

根本から、くすみの原因を解消できるというのは心強いですよね。

 

肌の敵でもある乾燥対策として、肌の内側へはスクワランを浸透させ、外側からはシアバターで肌の表面をコーディングし、ダブルの保湿成分で、ぷるぷるのつや肌に導いてくれます。

 

また、敏感肌にも優しい天然由来の成分を配合しているので安心して使うことができます。

 

天然由来のものではない、人工的な成分をできるだけ排除し、肌への刺激を最小限に抑えているため、開発者の本気度を感じる商品となっています。

 

<ハーバルラビットと、ホスピピュアの違いとは!?徹底比較!:まとめ>
2つの商品の効果を比較してみると、力を入れている部位が異なりますが、色素沈着や美白ケアに特化しているといった部分では共通した点がありました。

 

また、成分の比較に関しては、ハーバルラビットは効果的な成分を明確に表記していましたが、ホスピピュアは天然由来の成分配合という部分を大きく推している印象を受けます。

 

ハーバルラビットは、デリケートゾーンのケアがメインですが、ホスピピュアは乳首のケアがメインとなっています。

 

しかしどちらも、他にくすみや乾燥が気になる部分に塗ることができるといった部分では共通します。

 

どの部分のケアに力を入れたいかによって、商品を選ぶのが良いでしょう。