デリケートゾーンの黒ずみケアしてる?おさえておくべき3選!

デリケートゾーンの黒ずみ、気になっている方多いのではないでしょうか。

 

「気になってはいるが、黒ずみケアできていない!」という方や、「どうやって黒ずみケアをしたら良いのかわからない!」という方も多いでしょう。

 

脇の黒ずみなどは、デリケートゾーンに比べると、気にかけてケアしている方が多く、ケア商品も多く販売されていますよね。

 

脇は頻繁に自己処理する方が多く、脱毛サロンで処理している方も多いことから、脇の黒ずみに対する意識も高めだと推測できます。

 

しかし、デリケートゾーンは、自分でじっくり見る機会が少ないのと、どう黒ずみケアをしたら良いのかわからないという部分があり、放置してしまうという傾向にあるようです。

 

人にはなかなか相談しにくいデリケートゾーンのケア商品を、3選紹介していきますので、黒ずみケアにどんなものを選べば良いのか悩んでいる方は、参考にしてみてください。

 

<デリケートゾーンはなぜ黒ずむの?>
そもそも、デリケートゾーンはなぜ黒ずんでしまうのでしょうか。

 

デリケートゾーンの最大の原因とされているのが、メラニン色素です。

 

メラニン色素は、紫外線を浴びた際に作られ、紫外線から肌を守ることに作用します。

 

しかし、デリケートゾーンや脇などでは、メラニン色素が活発に活動し、下着による摩擦や刺激を受けると、肌を守ろうとメラニン色素が肌表面に出てきてしまうのです。

 

特に、いつも同じ型のショーツを着用している方は、肌が触れる場所が決まっていますよね。

 

そうなると、その場所にばかりメラニン色素が活発化し、黒ずみが発生してしまうのです。

 

そうは言ってもノーパン状態で過ごすのは難しいですよね。

 

ダンサーやグラビアの仕事をしている方は、跡がつかないように紐パンを履いたりしているようですが、黒ずみ対策としても有効であると感じます。

 

肌に触れる、摩擦を少なくできれば、そもそもの原因を断つことができるでしょう。

 

しかし、この原因の他にも、自己処理、ホルモンバランスの乱れなど、様々なことで黒ずみは発生します。

 

どのような原因にも対応できるような黒ずみケア商品をご紹介したいと思います。

 

<黒ずみケア人気商品3選>
ピックアップ1:イビサクリーム
イビサクリームは、デリケートゾーンの黒ずみケア商品の中で、今一番人気のある商品と言われています。

 

イビサクリームの人気の秘訣は、その成分にあります。

 

黒ずみを薄くし、さらに美白効果のあるトラネキサム酸、肌荒れを防止し、肌の正整に効果のあるグリチルリチン酸2Kといった強力な2つの成分を配合し、肌をしっかりとサポートしてくれます。

 

他にも、保湿・美白効果に優れた成分がたっぷりと配合され、肌の弱い方も使える5つの無添加処方なのも人気ポイント。

 

朝と晩の2回、気になる部分に塗るだけの簡単お手入れです。

 

ピックアップ2:ホワイトヴェール ディープクリアジェル
「飲む日焼け止め」として人気を博したホワイトヴェールから発売された、ディープクリアジェル。

 

無香料・無添加で、敏感肌の方にも使っていただける処方となっています。

 

美白と保湿に着目し、トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム配合。

 

すーっと肌に馴染みやすい透明のジェル状なので、どんなときにも使いやすいのがポイント!

 

ピックアップ3:ジャウムクリアナノソープ
こちらは、石けんなのでお風呂の際に使用するものとなります。

 

ジャウムクリアナノソープは、厳選された12種類のジャウム成分と、美容成分、天然成分を配合し、黒ずみだけではなく消臭にも効果的です。

 

固形石鹸なので、よく泡立てて体を洗っていくのですが、体だけではなく顔に使うこともできちゃいます。

 

気になる部分には3分ほど置いてパックをすると、より効果的です。

 

低刺激な石けんで黒ずみケアをしていきたい、お風呂場でケアしたいという方におすすめです。

 

<デリケートゾーンの黒ずみケアしてる?おさえておくべき3選!:まとめ>
黒ずみケア商品を3選ご紹介してきました。

 

今回は、クリーム、ジェル、固形石鹸と、使用感の異なる3点を並べてみましたが、デリケートゾーンのケアは、継続して行うことが大事です。

 

そのため、途中で投げ出すことのないよう、生活に取り入れやすいタイプのものを選ぶようにすると良いでしょう。

 

お風呂場で石けんを使って洗い流し、クリームやジェルで蓋をするようにすると完璧かも!?

 

>>ハーバルラビットの解約方法について【定期購入から解約までの流れ】